満足する解決を得るための弁護士相談Assist

日常生活を送る中で、自分が弁護士に依頼するほどの問題に係るわけがないと思いがちですが、身近なところにトラブルの種は潜んでいます。

交通事故慰謝料の計算基準について

交通事故の被害者となると、加害者から損害賠償金の支払いを受けます。損害賠償金については治療費や通院費などは実費となりますが、慰謝料についてはケースバイケースであり、その算出については加害者が加入している保険会社がこれを行います。

しかし、保険会社が用いている交通事故慰謝料の計算基準は最低限度の補償である自賠責基準、そしてそれに若干金額の上乗せをした任意保険会社基準が用いられているのです。

これに対して弁護士が用いている弁護士基準の計算方法では、保険会社が算出する慰謝料の倍以上の金額が算出されますので、被害者側によって非常に有利なものと言えます。なお、どの算出方法を使用するかは当事者同士の話し合いによります。

自賠責保険の交通事故慰謝料の特徴とは

自賠責保険の交通事故慰謝料は、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料からなります。入通院慰謝料は、入通院の期間と頻度が影響し、けがの重傷度は関係しません。後遺障害慰謝料は、認定された後遺障害の等級によって額が異なり、重傷であるほど高額となります。

自賠責保険では、被害者の過失が7割を超えなければ満額の支払いとなり、過失が7割以下であれば、過失割合の有無や大小による金額の差はありません。任意保険基準と裁判基準では、過失割合分が賠償額全体から差し引かれます。交通事故慰謝料もそれと同じ割合分、減額されるということになります。

後で症状が発覚した交通事故慰謝料

すでに交通事故慰謝料は確定してしまっており、交通事故の直後は何もなかったが後になって深刻な症状が発生したというケースもあります。その場合には、治療を受ける事が大事ですが、交通事故慰謝料についてもそのままにしておくわけにはいきません。

やはり交通事故慰謝料にも影響する可能性がありますので、弁護士に相談して行う様にしましょう。交通事故慰謝料については、できるだけ自分だけで行うのではなくて、専門家が対応すると結果が改善する事もあるでしょう。

また、治療を行っている最中は完治しておらず、体調においても優れない事もあるかと考えられますので、交通事故慰謝料に関して専門家に対応してもらう事で負担軽減につながるでしょう。

助骨変形した場合の交通事故慰謝料

助骨の変形は交通事故では起こりうるもので、交通事故慰謝料の請求においてもさまざまな事例が出るほどです。胸部内臓を覆う骨の部位ですが、もともと衝撃に弱いことから骨折しやすいところでもあります。なお、交通事故時に胸部を骨折した場合、臓器の圧迫より咳やくしゃみが出る特徴があります。

交通事故慰謝料の観点から見ても、助骨の変形は後遺障害認定の慰謝料を請求することができます。慰謝料の額は等級によって変化しますが、裸の状態で明らかな変形が確認された場合は12級に該当し、およそ290万円の金額になります。この「裸の状態で明らかな変形」がターニングポイントとなり、変形が見られなく痛みが残る場合は相場額110万円の14級にあてはまります。

これらはほんの一例で、骨折による変形だけでなく、臓器破裂および併合されるケースも存在します。事故による支障が大きければ大きいほど、慰謝料請求額が比例して高額になるのは言うまでもありません。胸部骨折における交通事故慰謝料には、骨折による生活面の支障・運動機能の制限などが大きく起因します。医師の診断をもとに、最寄りの弁護士との入念な打ち合わせによって、賠償できる慰謝料の請求額を大きくするのは被害者側の権利です。

慰謝料に対する交通事故相談について

突如として巻き込まれてしまった交通事故には、加害者との間に様々な条件時交渉が発生します。大きな怪我や後遺症などを背負ってしまった場合には、慰謝料や賠償金に対する対応が速やかに行われてほしいと思うものです。

弁護士などの国家資格を有する専門家への交通事故相談が、問題解決への糸口となることも多く見受けられます。保険会社を通じて進められる交渉においても、当事者同士ではなかなかスムーズに進められないこともあり、まだ提示された金額が妥当なものか、判断できない場合も、専門家による助言が心強い味方となるでしょう。

交通事故慰謝料における相談とは

死亡事故にあってしまった際に、遺族としてはやりきれない思いがあるかと思います。あまりないケースになりますので、どのような対応をしていいのかさえ分からない人もいるかと思います。まず死亡事故においては交通事故慰謝料が発生します。

この際に気をつけなければいけないのが、加害者側の保険会社による慰謝料金額の提示です。慰謝料の金額が相場よりも低いケースがありますので、初めの段階で和解してしまうのは危険です。そもそも慰謝料の基準としての考え方が3種類ありますので、基準を少しでもあげるためには弁護士などの専門家に相談することです。

交通事故に関連する記事

債務整理、過払い請求、自己破産を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、自己破産、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの優秀な弁護士(交通事故弁護士)、司法書士がいます。

弁護士相談Assist

弁護士に交通事故を相談

司法書士について

自己破産

過払い請求

相続手続き