満足する解決を得るための弁護士相談Assist

日常生活を送る中で、自分が弁護士に依頼するほどの問題に係るわけがないと思いがちですが、身近なところにトラブルの種は潜んでいます。

まずは過払い請求の時効をチェック

最近ではテレビのコマーシャルで過払い請求について見かける機会も多くなりました。そういえば自分も昔、借金をしていたので過払い請求ができるかもしれないという事で、法律事務所に相談をする人もいるかと思います。昔の借入に対して行う場合には時効についてチェックしたいですね。

時効が過ぎてしまうと過払い請求で成功する可能性は極めて低いと思われます。ですので、過払い請求の手続きを行うという以前に、まずは時効のチェックをしたいですね。

過払い請求の時効は取引履歴などの書類を確認すると分かりやすいと思います。紛らわしい場合などには、時効がいつであるのかという事を法律家に聞くのもいいでしょう。

弁護士に過払いの依頼をするときの注意点

弁護士に過払いの依頼をするときには、残高に注意しておきましょう。例えば、借金の残高が50万円で、過払い金が40万円だったとすると、残りはたった10万円なのに債務整理をすることになってしまいます。

借金の残高が50万円で、過払い金が70万円なら、債務整理は必要なく、20万円が戻ってくるだけになります。このように、借金を完済できるならメリットがあるだけでデメリットはありませんが、借金が残った場合には大きなデメリットができる可能性もあるので、依頼をするときには注意をしておきましょう。過払い金の金額よりも借金の残高が少なくなったタイミングで過払い請求をすることがおすすめです。

過払い金の業者選びについて

過払い金の返還請求をしたい場合には、貸金業者の対応の良しあしをじっくりと見極めることがおすすめです。 現在のところ、過払い請求のメリットやデメリットに関して、多方面の雑誌やテレビ番組などでピックアップされることがありますが、まずは信頼のおける弁護士から助言を受けることが望ましいといえます。

特に、大阪の法律事務所のサポートの仕組みについては、ここ数年のうちに注目が集まっており、いざという時に備えて、同年代の人々のアドバイスを聞くことが大事です。 その他、過払い金のサポートの内容を見極めることで、何時でも冷静に行動をすることが可能です。

過払い金の依頼方法について

過払い金の対応が優れている大阪の法律事務所の選び方をマスターしたい場合には、定期的に優秀な弁護士からアドバイスを受けることが良いでしょう。 現在のところ、依頼先の選び方について迷っている人が大勢いるといわれており、いざという時に備えて、過払い請求のメリットやデメリットを見極めることが重要となります。

過払い金のポイントについて知りたいことがある場合には、同年代の人々の口コミを参考にすることによって、早いうちから忙しい生活を過ごしている人であっても、すぐに安心して行動をすることができるといわれています。

過払い金返還請求が不可能な場合

時効は過ぎていないとしても、過払い金返還請求ができない場合というのもあるかと思われます。過払い金返還請求ができない場合としては、金融機関が倒産した場合が考えられます。過払い金返還請求の手続きを行い、後は支払われるのを待つのみという状態であったとしても、倒産してしまうと、最後になって過払い金返還請求が成功しないというケースもあるそうです。

また、過払い金返還請求で支払いに同意したとしても、支払われるまでにかなり長い時間がかかる事もある様です。その間に倒産してしまうという事は非常に少ないケースだと思われますが、可能性としては考えられます。この様にいろんなケースがあります。

借金相談は完済した分の過払い分も相談可能です

弁護士や司法書士への借金相談は、完済した借金についても相談可能です。現在テレビCMで弁護士事務所のCMが頻繁に流れているように、過払い金の返還請求訴訟が盛んに行われています。今から10年ほど前までは利息制限法の年率18%を大幅に超える約29%の不当な金利を取るのが一般的でした。

この差額分を過払い金と呼び、長い間コツコツと返済していた方は本来支払わなくてもよかった分まで余計に支払っていたことになるのです。 なお過払い金の返還請求権は10年で消滅時効にかかってしまいます。ですからこの1~2年が返還請求できる最後のチャンスなので、早めの相談が必要です。

過払い金請求には時効がありますが、弁護士選びは慎重に

近年よく耳にする過払い金請求についてまずは簡単に説明します。消費者金融はお金を貸す時の金利は利息制限法という法律で上限が決められており、もしあなたがお金を借りたときの利息が利息制限法の上限を上回っていたまま返済をしてした場合に、払いすぎた利息を取り返すことを指し、最後の取引から10年で時効を迎えます。

大阪だけでなく全国的に過払い金請求件数が増えていますが、費用がやたらに安い、口だけの説明で資料を提示してくれないとか、請求の結果返済すべき借金が残っているのに放置したり、必要のない返済を話してくる悪徳弁護士もいますので、弁護士選びは慎重に行う必要があります。

過払い金については弁護士へ

今テレビCMでもよく聞く過払い金とは、消費者金融会社やカード会社などに払いすぎてしまった利息のことです。これは誰でも返してもらうことができますが、取引から10年経つと時効になってしまうため注意が必要です。

大阪には女性スタッフのいる女性専門の窓口もあるため、女性の方にオススメです。実際に弁護士に依頼をするとなると事務所によって料金が異なり、思っていたよりもお金が返ってこないこともあります。制度にも変更があり自分で調べて決めることは難しいですが、今は相談料無料のところも多く、メールで相談することもできます。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

借金相談・過払いに関連する記事

債務整理、過払い請求、自己破産を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、自己破産、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの優秀な弁護士(交通事故弁護士)、司法書士がいます。

弁護士相談Assist

弁護士に交通事故を相談

司法書士について

自己破産

過払い請求

相続手続き