満足する解決を得るための弁護士相談Assist

日常生活を送る中で、自分が弁護士に依頼するほどの問題に係るわけがないと思いがちですが、身近なところにトラブルの種は潜んでいます。

相続時の遺言書作成における後見人

相続時の遺言書作成において後見人という言葉を耳にすることがありますが、遺言書の作成と後見をする人にどういう関係があるのかと訝しく思われている方もいるかもしれません。というのは、後見人という言葉には未成年者の面倒をみる人というイメージが定着しているからです。

でも、この言葉は判断能力のない人に対して後見をする人という意味に使われているのであって、この場合には、高齢になって判断能力がなくなった人が遺言書を作成するにあたって後見をする人という意味になります。つまり、75才以上になると認知症になる割合が高くなる訳なのです。

効力のある遺言書作成のためには

高齢化が急速に進む日本では、自分の死後に備えて遺言書作成を検討する人が増えています。自分が遺した財産が原因で、家族の関係が悪化する事態はどうにかして避けたいものです。遺言書作成は財産分配を円滑に行うのに有効ですが、メモや走り書きのような形式では正式な文章とは見なされず、効力を発揮しません。

決められた形式・手順で行えば、効力のある遺言書を作成することができますが、法律・相続の知識がない素人が一人で行うのは難しいです。そのため、多くの人は弁護士と協力して書類作成を進めます。依頼する弁護士は遺産相続に精通した人物である必要があります。

遺言書作成時の自筆証書遺言について

年を重ね、将来の事を書面に残しをおこうとお考えの方も多いと思います。その様な方には遺言書作成がおすすめです。自分の手で、「自筆証書遺言」をとお考えの方も多いと思います。しかし、これは不備があることが多いので専門家である弁護士に相談するのがおすすめです。

遺言書には、決め事があり、それがもし抜けていた場合にはせっかく「自筆証書遺言」を作成していても無効になってしまう場合があります。その様な事を避けるためにも弁護士に遺言書作成を依頼するのが適切です。費用は少しかかりますが、的確な物を作るためにも必要です。

遺言書作成なら行政書士に依頼する

遺言書は、自分がこの世を去った場合に、残された家族に対してどのように土地や財産を分配するかということを記しておくためのものです。現在は自分の死後に残された家族に思わぬトラブルや相続に関する戸惑いを与えないようにするために遺言書作成をすることが当たり前のことになってきました。

しかし、注意が必要なのは、素人が自分で作成した遺言書は上手く効果を発揮しないことがあるということです。しっかりと法的にも正当な手順を踏むためにも遺言書作成を大阪で行う場合には、経験豊富な行政書士に関わってもらうことが安心です。

遺言書作成を解決させるために

資産を持つ方が遺言書作成を行いたくても、どのように進めれば良いかを悩むことも多いでしょう。行政書士など専門家の方に相談することはもちろん、遺言書作成についての認識や相続に関する相談など、情報を集めながらサポートを受けられる会社が存在しています。

大阪を中心に全国の都市部に見られ、またインターネットには情報もたくさん溢れているため、様々な背景を持つ方が重宝する機関が数多く存在しています。相続に関するトラブルが回避できるよう、専門機関などを上手く活用することによって、大きな不安や心配事を抱くことなく、手早くスムーズな作業が行えます。

遺言書作成の詳細について

昔に比べて、ライフスタイルが多様化される様になり、遺言書の作成をする人が増えています。遺言書にはいくつかのタイプがありますので、自分にあったタイプで作成することが可能になります。

遺言書には3つのタイプがあり、自分で一から作成していく自筆証書遺言のタイプや、公証役場で手続きをおこない、公正証書で作成する公正証書遺言のタイプ、同じく公証役場で作成をしますが、亡くなるまで秘密にできる秘密証書遺言のタイプがあります。遺言書作成には、それぞれのタイプでメリットデメリットが生じますので、しっかりと理解して遺言書作成をおこなうことです。

相続手続き・遺言書作成に関連する記事

債務整理、過払い請求、自己破産を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、自己破産、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの優秀な弁護士(交通事故弁護士)、司法書士がいます。

弁護士相談Assist

弁護士に交通事故を相談

司法書士について

自己破産

過払い請求

相続手続き