満足する解決を得るための弁護士相談Assist

日常生活を送る中で、自分が弁護士に依頼するほどの問題に係るわけがないと思いがちですが、身近なところにトラブルの種は潜んでいます。

自転車の交通事故における慰謝料

被害者が死亡する事もある自転車の交通事故を侮る事はできません。時には加害者がとてつもない慰謝料の支払いを求められる事もあります。

自転車だとそんな大きな交通事故には発展しないだろう、という考えは甘いと思います。非常に危ないなと感じる運転をしている人を見かける事も少なくありません。

命を落とす様な事があったり、もしくは多額の慰謝料を支払ったり、辛い思いをしたりする事を考えると、普段の自分の運転を思い返してみて、あまりにも危険だと思う部分は改める様にしましょう。

急がなくてもいい様に、少し家を早めに出る様にするなどという事も必要かもしれませんね。くれぐれも安全に気を使いたいですね。

自転車と歩行者が接触する交通事故も増えています。
慰謝料や賠償金でトラブルにならないように早めに弁護士に相談しましょう。

基準と交通事故で受け取る慰謝料

弁護士も保険会社も交通事故で受け取る慰謝料の問題について扱っています。

しかし、それぞれ交通事故で受け取る慰謝料の基準というのがあって、若干費用に差が出てくる事もあるそうです。

交通事故の加害者が加入している保険会社が慰謝料を支払いますので、保険会社は低い金額を基準としている事が多いそうです。

それに対して、弁護士は交通事故の慰謝料が低すぎるという相談に応じる機関ですので、高い金額が基準となっているそうです。

交通事故で受け取る慰謝料について少しでも知っていると、いざという時にはその知識を活かせるかもしれませんね。普段は関係ない事柄であっても、ある時になって突然必要になる事もあります。

交通事故の慰謝料や損害賠償の計算の仕方

交通事故の慰謝料や損害賠償の金額を正しく計算するためには、数々の法律上の専門的な知識が必要となることがあります。 そこで、低価格の相談対応が行われている法律事務所に任せることによって、忙しい生活を過ごしている人であっても、短期間のうちに様々なケースに備えることが可能となります。

もしも、交通事故のトラブルの発生時の対処方法に関して迷っていることがあれば、大手の法律事務所のカスタマーサービスを積極的に利用することによって、たとえ初心者であっても、すぐに役立つ知識を身に着けることができるといわれています。

記銘力低下の障害が残った場合の交通事故慰謝料について

交通事故の被害者となると、事故によって受けた損害に対する賠償請求を加害者に対して行うことになります。いわゆる交通事故損害賠償金を請求することになります。損害賠償金には怪我の治療費や通院費、交通事故慰謝料などが含まれますが、怪我の治療をある程度続けてもこれ以上症状が改善されない場合には、後遺障害の等級認定を受けます。後遺障害の等級認定を受けた時点で後遺障害慰謝料と呼ばれる交通事故慰謝料が支払われます。

もしも交通事故の怪我によって記銘力低下の障害が残ってしまった場合、交通事故慰謝料はどうなるのかと言いますと、記銘力低下(障害)は脳挫傷などによって起こるものであり、『高次脳機能障害』と判断されることになります。この症状はいくら治療を継続しても改善される可能性は低いことから後遺障害の等級認定を受けられる可能性があります。

後遺障害の等級認定を受けた場合には、後遺障害5級という高い等級を受けることになるのです。後遺障害5級の場合における後遺障害慰謝料は自賠責保険基準で599万円。弁護士基準では1400万円となります。このように高い等級での後遺障害慰謝料は各計算基準によって大きく異なります。また、後遺障害慰謝料以外にも後遺障害逸失利益も相手側から支払われることになります。

精神的苦痛に対する交通事故慰謝料について

千葉・茨城で交通事故の被害者になってしまったら、示談交渉・損害賠償問題に強い弁護士事務所に相談するのが最善の方法です。 交通事故の被害者は、治療費・物損に関連する諸費用・休業による損害などを相手に損害賠償請求する権利を持ちます。そして、損害賠償請求できる項目のひとつに交通事故慰謝料があります。これは、交通事故に遭ってしまったことで受ける精神的苦痛に対する賠償金です。

慰謝料を含め、損害賠償の金額や内容については相手の保険会社との示談交渉の中で細かく決定していきます。賠償請求できる項目のうち、治療費や物損の修理・買い替え費用などは原則として実費請求です。また休業による損害については、その人の基礎収入をベースに算定されます。 交通事故慰謝料には、治療費などとは異なる難しい点があります。それは、精神的苦痛という性質上、個人間の差が大きく尺度化しにくいことです。

そこで、交通事故慰謝料には定額化を図り不公平感をなくすための計算基準が設けられています。しかし基準はひとつではなく、自賠責保険・任意保険・弁護士と3つの基準があってどれで計算するかで金額が変わるので複雑です。慰謝料が最も多く計算されるのは弁護士基準なので、千葉・茨城で示談交渉をすることになったら交通事故弁護士に相談しサポートを得て、弁護士基準の慰謝料を交渉してもらうのが一番です。

交通事故慰謝料を受けるには

交通事故慰謝料を請求する際、挙げられる事例としては様々なものが見受けられます。被害者と加害者の当事者同士による話し合いが基本となりますが、両者の間には通常、保険会社の担当者による介入があり、お互いの主張や条件提示が行われます。

しかし、思うように交渉が進められないケースや、提示された条件内容や慰謝料金額が妥当であるかどうか判断に迷うケースも多くあります。当事者同士での条件交渉がスムーズに行われない時には、弁護士などの法律専門家へ相談することも、速やかな問題解決のための心強い方法となることでしょう。

交通事故に関連する記事

債務整理、過払い請求、自己破産を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、自己破産、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの優秀な弁護士(交通事故弁護士)、司法書士がいます。

弁護士相談Assist

弁護士に交通事故を相談

司法書士について

自己破産

過払い請求

相続手続き