満足する解決を得るための弁護士相談Assist

日常生活を送る中で、自分が弁護士に依頼するほどの問題に係るわけがないと思いがちですが、身近なところにトラブルの種は潜んでいます。

海外で発生した交通事故の慰謝料

時には海外に旅行に出かけている際に交通事故に遭う事もあるでしょう。もし、交通事故が発生し、自分自身が怪我を負ったなら、ぜひ加害者から慰謝料を請求したいですね。

海外では、交通事故や慰謝料に関する法律が異なる場合があります。
また、海外で交通事故に遭っても、常に連絡先を交換できるかわかりません。加害者が明確でない場合には、慰謝料の請求は厳しくなる事が予想されます。

海外では医療費が多額に上る事もあり、なおさら慰謝料を必要としている人もいるかと思いますが、国内での交通事故とは事情が事なる箇所もあり、慰謝料の受け取りが難しい場合もあるみたいですね。車線が異なると、危険な場合もありますので、意識して気を付けたいですね。

交通事故慰謝料に影響する通院期間

交通事故慰謝料を決める際には、通院期間と頻度が大きく影響します。自賠責保険では、治療開始日から治療終了日までの日数と、入院していたり医療機関に通ったりした日数×2のうち、少ない方を通院期間としています。

その日数に一律4200円をかけて交通事故慰謝料を決めています。後遺障害があった場合は、後遺障害認定を受ければ、それに後遺障害慰謝料がプラスされます。後遺障害慰謝料は、けがの重傷度によって認定される等級が異なり、重い等級になるほど慰謝料額も上がります。しかし、治療中の慰謝料額は、けがの重傷度に関わらず一律です。

交通事故慰謝料の弁護士相談の費用

できれば伝えられている交通事故慰謝料の費用について満足できないので、できるだけ交渉を行いたいという事もあるでしょう。しかし、交通事故慰謝料について弁護士に相談すると、一体弁護士費用がいくらかかるのかという事が気になる事もあるでしょう。

交通事故慰謝料と言っても、いろんなケースがあるので一概にこうだと言えない事もあると想定されますが、見積もりを依頼すると明確となる事でしょう。無事に交通事故慰謝料について弁護士に相談する事ができれば、きっとよい方向に進むのではないかと思います。弁護士に相談すると、絶対に交通事故慰謝料の金額はアップすると言い切る事はできませんが、良くなる可能性は高いでしょう。

海外で起こした場合の交通事故慰謝料について

日本で交通事故にあって受傷して、その治療をおこなうのが日本国外であった場合は、日本でも治療はできるので、その治療費が交通事故による損害として因果関係が認められるかを厳しく判断されることになります。問題となるケースは、外国人が日本で交通事故にあって母国に帰国したあと、母国の病院で治療した場合。

日本人が日本で交通事故にあって治療費を海外で行った場合です。交通事故により傷害をおった場合は、日本民法律上は、損害賠償請求の一内容として交通事故慰謝料請求が発生するので慰謝料の交通事故慰謝料請求は可能です。

しかし、海外でのばあいは加害者の特定ができているかどうか、加害者が特定出来ていないと請求することができません。事故の発生地の法律で交通事故の慰謝料が認められるかどうか、事故発生地の法律が適用する可能性は高いので、事故発生地の法律で慰謝料の請求の法律、判例がない場合、請求権は発生しない場合があります。もし裁判となった場合、事故発生地の裁判所が管轄です。発生地の裁判所で勝ってもさしおさえる財産が判明しない可能性が高いです。

現実的に、 加害者から慰謝料を受けとるのは難しいでしょう。自分の加入している保険、傷害保険が適用になるか保険会社に相談することをおすすめします。

慰謝料を交通事故相談から勝ち取る

あまり事故としても過失割合が小さい場合、慰謝料として支払う金額が極端に小さいなど、問題が生まれやすいとされています。交通事故相談では、賠償金として受け取れることを弁護士が示して、本当に支払ってもらうために協力してくれます。些細な事故であったとしても、交通事故によって色々な問題が生まれているので、しっかりと支払いを受けるためには相談を行ってください。

そして相談の結果や弁護士の方に対応してもらったことで、慰謝料として支払ってくれる金額を受け取ります。出してくれない場合は、早めに話をしてアドバイスを受け取ってください。

交通事故慰謝料を相談するなら弁護士が良いです

交通事故に遭った場合、最初に交通事故慰謝料について相談するのは、保険会社になると思います。しかしながら保険会社は、とても低い金額を提示してきます。それは後遺障害の認定を受けにくいからです。後遺障害はしっかりと自分で現状を説明するのが難しいので、低い評価を受けてしまい慰謝料に反映されにくいです。

そのような時は弁護士に相談することによって、適正な交通事故慰謝料を請求することが出来るようになります。適正な認定を得ることが出来るので、慰謝料の増額をすることが出来ます。交通事故に遭ってどうしたらわからない場合は、弁護士を利用し適正な金額を請求するようにしてください。

交通事故に関連する記事

債務整理、過払い請求、自己破産を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、自己破産、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの優秀な弁護士(交通事故弁護士)、司法書士がいます。

弁護士相談Assist

弁護士に交通事故を相談

司法書士について

自己破産

過払い請求

相続手続き